· 

無垢フローリングを採用するときの心構え

 

無垢フローリングとは。

 

これから家やお店つくりをお考えの方、

無垢フローリングにしたい!と思っていても、

なかなか一口で「無垢」がなんなのか、理解しきれている方は少ないと思います。

 

「無垢」とは100%「木」の素材。

無垢を採用されるなら、「木」の性質をわかっていないと、

将来的に出てくる木特有の変化を欠点に捉えてしまいがち。

3つの性質を理解しておくと、ゆったりとした気持ちで無垢材と向き合えます。

 

ひとつ、「生きてる」材だということ。

木はフローリングとして製材された後も、呼吸をし、生き続けています。

湿度が高ければ、空気と一緒に水分も取り込み、膨らみます。

逆に湿度が低ければ、自分の持っている水分を放出し、痩せます。

これが原因で「ワレ」や「ソリ」が起きます。

夏になると床鳴りする・・・と思っている箇所が冬に改善したり、

冬に気になるフローリングの隙間が、夏には無くなったり・・・

みたいなことが起こりますが、これは当然起こってきます。

だって生きてるから。

 

ふたつ、「色が変わり」ます。

木肌は、人間の肌と一緒で日焼けします。

樹種によって、目立つ目立たないはありますが、かならず変色します。

これを「経年変化」と言います。

「劣化」と呼ぶ方がいますが、決して品質が落ちているわけではありません。

変化していくことで味わいが増し、個性的な生活の色が出てきます。

 

みっつ、「手をかける」必要があります。

2つのポイントを理解した上で、それが生活に支障をきたさないために、

無垢フローリングをいたわってあげることが大切です。

よく「無垢ってワックスがけが大変でしょう?」とおっしゃる方がいます。

家具を全部どかして、ワックスを塗って乾くまで待つ・・・

というのが一般的なイメージでしょうか。

正直、その必要はありません。

ケースバイケースですが、ワックスを売る塗料メーカーも進化しており、

そんなに手のかかるメンテナンス方法をお勧めしていません。

ただ、日常でできる簡単なメンテナンスを継続してすること。

これが大事です。

 

これらを楽しむことができれば、

無垢フローリングはあなたの生活の良いパートナーになります。

無垢に対する心配事、少し減りましたか?